ベイサルシュートを考察する(大げさ)

いや~~~朝から暑いですね。
梅雨明けを喜んで良いのかわからなくなってきました(^^;)

これから3ヶ月間は平日休み。
曜日感覚がおかしくなりそう。

朝からバラ、クレマ、クリロー達にお水をあげて、すでに汗ダクダク。
これでお庭作業したらほんとに倒れるかもしれませんね(汗)

そんな猛暑ですが、バラ達はめげずにがんばっております。

ムンステッドウッド♪
d0212744_9485785.jpg

二番花はちょっと明るい赤?といった感じ。

ジュピレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ♪
d0212744_950294.jpg

シュートがたくさん出てきました~。

レオナルド・ダ・ヴィンチ♪
d0212744_9475787.jpg

青空とピンクのお花。爽やかな感じですが、
実際は激暑です(笑)

バラ以外では、キキョウがモリモリ咲いております♪
d0212744_10285287.jpg

涼しげなブルーで好きな花です。



今日は、わたしの思う、「バラ園芸の不思議なところ」を書いてみますね。

バラ園芸用語で「ベイサルシュート」ってありますよね。

バラ好きな方は「ベイサルだ~~わ~~~い!」ってなります。
もちろん、わたしもなります(笑)

でも造園をやってきたわたくしには、初め不思議だったんです。

なんで不思議だったのかって?

ベイサルシュートって、一般の樹木で言うところの
「胴吹き」や「徒長枝」じゃないの??って思ったからです。

胴吹きは、幹の下部から出る枝。
サクラなどが多いです。たぶん皆様も見たことがあるでしょう。
幹から出る細い枝にサクラの花が咲いていたりする光景は
良く見ると思います。

胴吹きは、出ることにより木が弱り、弱るからまた胴吹きする・・・
という、結果と原因が繰り返される害です。

なので、胴吹きはすぐに切り捨てるべきなのです。

次は、徒長枝。
トビとかトビ枝とか、ムダ枝と呼びます。
夏芽、土用芽の伸びたものに多く、木の生長が良いから生ずるもので
樹形を乱します。これも、造園では全部を切り捨てるのが常法なのです。

でも、バラは大歓迎。
ベイサルシュートを幹際から切るなんてもってのほか!


でわたしなりに色々と考えたのですが、
ベイサルシュートは「胴吹き」ではなく、「徒長枝」の方が合っているのかも
しれません。胴吹きは、幹の下部から出る「細い枝」ですし、
グングン伸びたりはしません。そして木が弱りますしね。

徒長枝はグングン伸びます。
「樹形を乱す」というのも、バラには関係ない(良い意味で)ですから、
バラの生長が良く、根の成長著しい時に徒長枝(ベイサル)が発生するのだと
思います。

だから、バラ園芸というジャンルでは徒長枝大歓迎。
根の成長も良いから、ベイサル発生時には水切れさせるな・・・と。

なんとなく、「徒長枝とベイサルシュート」当てはまると思いませんか?

すでに「そんなのは常識」だったらごめんなさい(^^;)

※個人的見解が含まれますので、間違い等ありましたらご容赦ください♪

応援クリックお願いいたします~♪
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ありがとうございました!
[PR]
by naoooostyle | 2011-07-11 10:37 | バラ
そんなみさきさんが好き♪ >>